スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
2010年6月28日(月)
- 2010/06/28(Mon) -
福島潟 11:15

100628A1.jpg

昨日の雨で、増水。
福島潟は、上流から13本川が流れ込み、流れ出すのは新井郷川(にいごうがわ)と人工の川の福島潟放水路の二本だけ。
福島潟は、海抜0m以下なので、福島潟放水路は普段潮止堰(ラバーダム)で堰き止められています。
そうでないと、日本海の水が福島潟に逆流してきてしまいます。
福島潟が増水して水位が日本海の水面より高くなり、潮止堰を開けても逆流せず、福島潟から日本海へ水を流せるようになった時だけ、潮止堰が開けられます。
この方法だと、排水機場のポンプで水を抜くより水位変動が急激でなく、潟の動植物に影響が少ないのだと聞きました。

100628B1.jpg

このような水害対策のため、増水時は福島潟放水路河口の潮止堰が稼動できるようになるまで、福島潟は上流からの水に耐え続けます。
遊潟広場は遊水地としての役割もあるため、福島潟が増水すると、このように冠水します。

水害の恐ろしさを古老にもいろいろとお聞きしましたが、地元の人には水害対策は切実なものです。

自然の恐ろしさを垣間見せてくれる福島潟でした。

comment by ゆき

スポンサーサイト
この記事のURL | 6月の福島潟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2010年6月29日(火) | メイン | 2010年6月27日(日)>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://suginomori.blog100.fc2.com/tb.php/288-ff1c6214
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。